雨漏り修理に関する知識を習得!~防水リフォームを成功させるために~

実際に屋根のリフォームを行なった人の声

雨漏り修理や防水リフォームは大掛かりな施工工事が必要ですし、金額も高額になるので、実際に屋根のリフォームを行なった人の話を聞いて参考にしましょう。

台風の多い地域なので雨漏り対策も兼ねて屋根のリフォームをしました。(40代/男性)

台風の影響で屋根が痛み、雨漏りするようになっていましたが、雨漏り修理の専門家に依頼して、屋根ごとリフォームを行ないました。外観も綺麗になるだけじゃなく、台風が発生しても安心です。また、火災保険の風災手続きのアドバイスまでしてもらい、とても満足しています。

私はこれを使ってつやつやになりました!(30代/女性)

自宅の屋根のメンテナンスをしておらず、見た目の良くないし、雨漏りを懸念していたので、屋根のリフォームを雨漏り修理の専門家に依頼しました。初めてのリフォームでしたが、丁寧な対応をしてもらい、工事内容の説明も分かりやすかったです。作業時間も早くで、綺麗な屋根にしてもらいました。

雨漏り修理には建築一式の知識と技術がいる

雨漏りは一箇所の亀裂から発生するものではなく、目に見えない亀裂や配管の影響も考えられます。住宅によって原因は様々なので、専門知識のない素人が簡単にできる工事ではありません。建築物の壁や屋根の下地材などの材質やコーティング材、そして建築物の構造を把握していることが大事になります。つまり、雨漏り修理を行なうためには、建築一式の知識や技術を持っている専門家でないとできないのです。

築10年未満だとリフォーム費用が無料になる可能性あり

住宅を建ててから10年以内に雨漏りが発生した場合は、雨漏り修理や防水リフォームに必要な費用を保証金から支払うこともできるかもしれません。住宅品質確保促進法という瑕疵担保制度があるために、雨漏りなどの欠陥が見つかると、業者に補修費用を請求することができるのです。万が一、倒産していても補修費用を支払う必要があるため、雨漏りが発生したら、業者に連絡をしてみましょう。住宅品質確保促進法に適応している住宅なら、雨漏り修理の費用が無料になります。

TOPボタン