雨漏り修理は自分で行わずに信頼できる業者に頼むことが大事!

雨漏りの原因を特定することが大切

専門業者へ依頼する必要性

雨漏り修理を自分でやるより専門家に依頼した方がいい理由はなんですか?
自分で屋根や外壁の修復作業をしても、雨漏りが改善しない場合は、違う箇所に原因があると考えられます。雨漏り修理を的確に行なうためには、原因を特定して、状況に応じた工事やリフォームをすることで改善することができます。そのため、雨漏り修理の専門家に依頼した方が良いのです。

経験とノウハウが安全対策に繋がる

雨漏り修理の専門家に依頼すると、高い確率で原因を特定することができます。なぜなら、サーモグラフィー画像を使用して、雨漏りの発生場所を特定できるからです。また、熟練の職人の経験やノウハウにより、小さな傷や亀裂も見逃さないでしょう。雨漏りの原因を調べたい方は、専門家に調査を依頼してください。

悪徳業者を見極めるポイント

怪しい業者

現地調査や防水リフォームを行なっている雨漏り修理の専門家は多く存在していますが、中には悪徳な業者も存在していますので、しっかりと見極めてください。

優良業者を探すヒント

見積もりの詳細は必ずチェック!
見積もりの項目を確認するだけで、悪徳な業者を防ぐことができます。無料の現地調査を終えた後は見積書を提示されますが、悪徳業者の場合は詳細な項目が記載されておらず、『雨漏り工事一式』とだけ記載していることもあります。いい加減な見積書じゃないかを確認しておきましょう。
値引き額が大きい業者は要注意
交渉次第では割引きをしてくれる業者もありますが、見積もり金額の50%近く値引きする業者も注意が必要です。この場合は見積もり金額を提示した段階で、大幅に割増していたことが考えられます。また、大幅な値引きをする業者は、手抜き工事をする傾向もあります。
「もう絶対に雨漏りさせません!」は信じないこと
雨漏りとは予想することがとても難しいのです。予測不可能な場所が原因で発生することもありますので、100%雨漏りしない住宅にすることは困難です。雨水の浸入場所と雨漏りの発生場所が遠く離れているケースもありますので、「絶対雨漏りさせません!」などの宣伝文句には気をつけましょう。

TOPボタン