雨漏り修理の相場価格~防水リフォームの内容で高額になることも~

雨漏り修理や防水リフォームの相場はいくら?

家の模型と電卓

雨の日に天井にシミができている場合や雨水が落ちてくる場合は、雨漏り修理や防水リフォーム工事をしないといけません。このとき、一番気になるのが費用ではないでしょうか。必要になる予算を確認するためにも、相場を事前にチェックしましょう。

雨漏り修理にかかる費用目安

外壁やサッシのコーキング材補修:1平米あたり800~1000円
外壁やサッシにひび割れが生じて雨漏りしているなら、コーキング剤の補修で雨漏り修理をすることができるでしょう。亀裂やひび割れが複数箇所ある場合、施工範囲が広くなるので数十万円になることもあります。しかし、亀裂やひび割れ箇所だけになると、数万円で対応してもらうことができるので安価で済ませることができます。
屋根のリフォーム:最低20万円~100万円
雨漏り修理で高額になるケースは、屋根の修復リフォームが必要と判断された場合です。住宅の構造形式にもよりますが、屋根瓦に亀裂が入り、雨漏りしているときは、屋根瓦を全て取り除きます。その後、屋根の下地を補修したり、防水リフォームをしないといけません。また、劣化や侵食の程度によっては、屋根材に防水加工をしたり下地を交換したりする必要があるので、200万円近く必要なこともあります。

雨漏り修理は高額になるケースもあります。屋根に一箇所ひび割れがあるだけでも、下地が劣化してしまっているなら、屋根ごと交換する大規模リフォームが必要になることもあります。そのため、定期点検を行ない、早めに修復することが大事です。

ベランダや屋上の床もリフォームが必要になる

屋根や外壁などは確認する人もいますが、意外と見落としがちなのがベランダや屋上の床です。人が自由に歩けますし、排水口付近にはゴミが溜まりやすい場所です。ですから、防水塗料でコーティングしていても、劣化が早くひび割れや錆が発生していることもあります。最悪の場合は、ベランダや屋上の床が原因で雨漏りすることもあります。こちらも定期点検が必要になりますが、雨漏り修理の専門家に依頼すると、各パーツの現状に応じた診断調査や適切な施工をしてくれます。

雨漏り修理やリフォームに関する疑問をスッキリ解決!

受話器を握る女性

雨漏りや防水リフォームに関する疑問や質問は、雨漏り修理の専門家に聞くことが一番です。工事を依頼する前に疑問を解決しておきましょう。

修理やリフォームにいくらかかるのか見積もりだけ知りたいんですが、見積もりは無料でできますか?
雨漏りの発生原因の調査をして、現在の状況を報告、さらに見積もり金額の提示まで無料で行なうことができます。もし、見積もり金額に納得できない方は、その場でキャンセルすることもできますので、気軽に連絡してみましょう。
雨漏りをする時としない時があります。まだ放っておいても大丈夫ですか?
一度でも雨漏りを確認したら、早めの修理をオススメします。雨が降っていても、雨漏りの原因となる場所に雨があたらないと雨漏りは発生しません。原因になっている箇所を特定して、早めに修理をすることで少ない予算で修復することにも繋がります。
雨漏りが原因で傷んでしまった所の修理もしてもらえるのでしょうか?
雨漏りの渋滞によっては、下地材や木材を傷めることもあります。そのため、傷んでいる箇所を修復して、クリーニング・消毒まで行なうことも可能です。希望する方には、傷んだ木材にシロアリ防除材を散布することもできますので、どんなことでも相談してください。
TOPボタン